2005年12月05日

困ったときのリストアップ

プロジェクトが修羅場を極めてくると,作業がたくさん降ってくることがあります。 重大なバグの修正をしなきゃと思ってるうちに,顧客から仕様のクレームが来たり。 顧客のクレームに対応してると,部長から呼び出されて工程遅延による予算超過の説明を求められたり。 なんか,皆で自分をいじめてるんじゃないんだろうかと思いたくなる一瞬です。

こんな状態におちいると,どの作業から手をつけていいかがさっぱり分からなくなります。
あれもしなきゃ,これもしなきゃで思考がまとまらず,どの作業も中途半端になり,作業効率の低下を実感できます。
そんなときは,一回すべての作業を止めて,現在の作業をノートに書き出してみるのが意外と有効だったりします。

ノートに現在抱えてる作業と,作業の〆切,優先度,難易度をリストとして書いていきます。 リストアップが完了するころには,アタマの中も次第に整理されてきます。 なんかアタマで考えると大変な気がするんですが,リストアップするとそれほどでもないものです。 で,簡単なものはさっさと進めて作業数を減らします。 逆にリストアップすることで,〆切に間に合いそうもない作業があることも分かってきます。 〆切に間に合わないのであれば,別の人に作業を引き継ぐか,自分の時間を徹夜なり休日出勤を追加して確保するか, 〆切自体を伸ばすなり,〆切を破った際のリカバリや次の〆切を考えておきます。 混乱しながらすべての作業を並行して進めるよりは,心理的な余裕を確保できます。

リストアップした時点で,どうしようもないことが判明した場合は……。あきらめましょう。
次回はそうならないといいですね。



posted by まる at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理者 Chips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。