2006年01月30日

Fedora Core3でのWikiの使用

本来は障害対応の手順を解説する予定でしたが予定を変更ます。
Fedora Core3でのWikiの設定にてこずったので,備忘録として書いておきます。

Wikiを使ってみようとインストールしたのですが,うまく動きません。
別件で使用しているレンタルサーバには簡単にインストールできました。どうもWikiのインストールが下手だからというわけでもないようです。
どうもファイルの書き込みでエラーになるようです。しかも,/tmpへは書き込みできるのに,htmlの下には書き込めないようです。

なぜ,こんな現象が発生するのか。
調べたところ,SELinuxが原因と判明しました。

SELinuxでは,ファイルの読み書きに制限を与えます。そのため,CGIやPHPからファイルの書き込みを行うとエラーとなります。
エラーにさせない方法は二つ。

  • SELinuxを使わない
  • SELinuxでhtmlを書き込み可能とする
今回は一般公開しているサーバでもなかったし,調べるのも面倒だったので,SELinuxを使わない方法で対処しました。

まず,SELinuxを使用しているか調べます。

[root@localhost ~]# getenforce
Enforcing

Enforcingと表示されたらSELinuxが有効となっています。 これは,setenforceコマンドで無効にできます(setenforce Permissive)。
しかし,setenforceコマンドではOSを起動するたびに設定する必要があります。
そこで,/etc/sysconfig/selinux を編集し,起動時にPermissiveモードに設定してもらいます。
具体的には SELINUX=enforcing の行をコメントにし,SELINUX=permissive を追加します。

[root@localhost ~]# vi /etc/sysconfig/selinux
# This file controls the state of SELinux on the system.
# SELINUX= can take one of these three values:
#       enforcing - SELinux security policy is enforced.
#       permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing.
#       disabled - SELinux is fully disabled.
#SELINUX=enforcing
SELINUX=permissive
# SELINUXTYPE= type of policy in use. Possible values are:
#       targeted - Only targeted network daemons are protected.
#       strict - Full SELinux protection.
SELINUXTYPE=targeted

これで問題なくhtmlの下に書き込めるようになり,Wikiも動作するようになりました。
もうひとつの方法は別の機会に紹介します。


posted by まる at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラマ Chips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。