2007年02月19日

PPMのワナ(Perl 5.8)

久々にperlを新しくしてPPMを使おうとしたところ、407(Proxy Authentication Required)が返ってくる。
会社の環境はユーザ認証が必要だけど、今まで環境変数HTTP_proxy_userとHTTP_proxy_passでどうにかなってたのに。
調べてみたところ、5.8以降のPPMは環境変数の指定方法が変わっている。
activestate.comによると、環境変数HTTP_proxyに全部指定しろということらしい。


5.6まで:
HTTP_proxy=http://hostname:port
HTTP_proxy_user=username
HTTP_proxy_pass=password

5.8以降:
HTTP_proxy=http://username:password@hostname:port
意味のない仕様変更のおかげですっかり時間をとられてしまった。やれやれ。

人気blogランキング



posted by まる at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラマ Chips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。