2005年11月29日

Java Web Startアプリケーションのデバッグ

Java Web Start経由で起動するアプリケーションはデバッグが困難です。
javaを起動してデバッグできればよいのですが,javaws(Java Web Start)を起動しないとデバッグできない場合もあります。
javawsはjavaを起動するアプリケーションなので,javawsに設定をしてもJava Web Startを用いたアプリケーションはデバッグできません。
そこでリモートデバッグを使用します。WindowsでEclipseを用いた場合は次のようにします。
  1. 環境変数JAVAWS_VM_ARGSの設定
    環境変数JAVAWS_VM_ARGSで,javaws経由でjavaを起動する場合のオプションを指定できます。

  2. set JAVAWS_VM_ARGS=-Xdebug -Xnoagent -Djava.compiler=NONE -Xrunjdwp:transport=dt_socket,address=8200,server=y,suspend=n

  3. アプリケーションを起動
    デバッグ対象のアプリケーションを起動します。

  4. javaws http://localhost/test/test.jnlp

  5. Eclipseの起動,デバッグ
    Eclipseを起動し,デバッグのダイアログを開きます。
    「リモート Java アプリケーション」を選択し,「新規」を押します。
    「プロジェクト」にプロジェクトを指定し,接続プロパティーの「ホスト」に「localhost」,「ポート」に「8200」を指定します。
    その後,[デバッグ]を押すとデバッグできるようになります。
  6. remote.JPG

    おまけ。
    環境変数JAVAWS_TRACE_NATIVEに1を設定すると,java起動時のオプションを画面に表示します。
    オプションに何が指定されてるか知りたい場合にどうぞ。

posted by まる at 07:26| Comment(1) | TrackBack(0) | プログラマ Chips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
javaWebStartの-Jオプションでも出来ました。

javaws -J-Xdebug -J-Xnoagent -J-Djava.compiler=NONE -J-Xrunjdwp:transport=dt_socket,server=y,suspend=n,address=8200 {JNLPファイルパス}
Posted by tokeon at 2013年06月20日 10:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。