2006年12月17日

Winnyの判決

Winny裁判の京都地裁の判決がでました。罰金150万円だそうで。
技術屋として今回のWinny事件には注目していましたので、自分の中でまとまってない情報を整理してみます。
ネタ元は朝日新聞の判決要旨と、壇弁護士の事務室にある弁論要旨から。


■公訴事実
検察の公訴事実の要約。
「Winnyが公衆送信権を侵害していること広く利用されていることを認識・許容しながら、ホームページ等で公開して誰でも入手できる状態にすることで、公衆送信権を侵害した正犯者の犯行を幇助した」


■論点
弁論要旨から引っ張ってみた。

・被告人に幇助犯成立の余地はないこと
・被告人は著作権侵害を助長する行為をしていないこと
・具体的犯行と因果性の欠如
・故意の不存在
・被告人のWinny開発目的
・Winnyは価値中立的なソフトウェアに過ぎないこと
・(おまけ)2ちゃんねるの書き込みが証拠たりえるか


■判決
判決要旨から。

×被告人に幇助犯成立の余地はないこと
×被告人は著作権侵害を助長する行為をしていないこと
・幇助行為として違法性を有するかどうかは、社会における利用状況や認識、提供する際の主観的態様による。
・Winnyが著作権侵害をしても安全なソフトとして取りざたされ、著作権を侵害する態様で広く利用されている現状を十分認識しながら開発を続けた。
 捜査段階における供述や姉とのメールの内容、公開状況が判断の根拠。
・正犯者がWinnyを匿名性に優れたファイル共有ソフトであると認識したことを一つの契機とし、公衆送信権侵害に及んだことは認められる。

×具体的犯行と因果性の欠如
・Winnyの機能として匿名性があることで精神的にも著作権侵害を容易ならしめた客観的側面はある。

×故意の不存在
・社会に生じる弊害を十分知りながら、自己の欲するまま行為に及んでいる。

△被告人のWinny開発目的
・違法ファイルのやりとりに使われていることを知りながら開発・公開している。
・Winnyの開発が公然と行えることでもないとの意識もあった。
被告は著作権侵害の状態をことさら生じさせることは企図していない
・自己のプログラマとしての新しい技術の開発という目的もあった
・被告は著作権侵害によって何らかの経済的利益を得ていない

○Winnyは価値中立的なソフトウェアに過ぎないこと
・Winnyを技術としてみると、さまざまな分野に応用可能で有意義。技術自体は価値中立的。

よって、量刑は罰金刑が適当である。


△(おまけ)2ちゃんねるの書き込みが証拠たりえるか
・弁護側も提出している発言に関しては採用
・47氏のトリップに関しては判決に言及なし
 検察が提出した2ちゃんねるの証拠は退けられた可能性が高い。ま、判決全文を読まないと判断できないけど。


■判決の感想
「自分の作ったソフトが広く社会で犯罪行為に使われていると知りながら、防止行為をしなかった」のがまずいというのが裁判官の結論。
Winnyがなかったら、公衆送信権侵害の行為をした人たちもやらなかったでしょうと。
ただし、自身が金銭的な利益を得てないし、プログラマとして新しい技術を開発したいという純粋な動機「も」あったから、懲役刑は勘弁して罰金刑とする。

妥当な判決じゃないでしょうか。 犯罪行為に使われてると知りながら、バージョンアップを繰り返しているわけで、幇助意思がなかったとは考えにくい。
一方で、技術的な興味や、自己顕示欲のために作っており、自身は公衆送信権を侵害していない。だから罪を減じてあげようと。
おまけに「被告は著作権侵害の状態をことさら生じさせることは企図していない」とまで言ってくれている。この点に関しては弁護側の主張を採用し、警察のとった調書を否定している。
個人的にはこの判決で満足して罰金を払うのが金子氏にとってベストな選択と感じるんだけど…即日控訴なんだよな。


■争点になった「幇助」
今回の裁判はWinnyの開発が公衆送信権侵害の幇助にあたるかが争点でした。この点に関して弁護側の主張は退けられてます。

「幇助」の成立要件はこんな感じ。
・正犯の実行行為を容易にするという客観的な幇助行為の存在
・正犯の実行行為を容易にするという主観的な意思(幇助意思がある)

(1)客観的な幇助行為
正犯者がWinnyを匿名性に優れたファイル共有ソフトであると認識したことを犯罪の一つの契機としている点から、裁判官は客観的な幇助行為があったと判断している。
また、Winnyが「データが流出すれば回収なども著しく困難」であり、「利用者が相当多数いること」から寄与の程度も少なくないとしている。
ま、これはしょうがないでしょう。

(2)幇助意思の有無
問題はこちら。
金子氏は違法なファイルのやりとりをしないように注意書きをしていた、つまり幇助意思がなかったと弁護側は主張している。
これに対し裁判官は「著作権を侵害する態様で広く利用されている現状を十分認識しながら認容した」「公然と行えることでもないとの意識も有していた」という2点から幇助意思があったと判断している。
また、Winny2はBBS機能が中心でファイル共有機能はメインではなかったという弁護側の主張に対しても、ファイル共有機能をWinny2でも削除していないことから幇助意思があったと判断している。
個人的には幇助意思があったと納得できます。


■判決がソフトウエア業界に与える影響の考察
今回の判決が与える影響はこんな感じかな。

・広く犯罪行為に使用されるソフトを作成すると、幇助として罰せられる可能性がある
・違法に使用されている実情を把握しながら対策しない行為は、幇助として罰せられる可能性がある
 注意書きがあったとしても、実情が黙認であれば罰せられる

犯罪行為を助長する意思を持ち、犯罪行為を助長するソフトウエアを開発した開発者が罰せられるというのは理解できる。
一部で言われている、ソフトウエア開発者を萎縮させる効果のある判決とは思えない。裁判官もその辺を意識して、「価値中立的な技術の提供が犯罪行為となりかねないような、無限定な幇助犯の成立範囲の拡大も妥当でない」と書いてる。

今回の判決で、開発者の意思が大切なことがよく分かったのが自分の最大の収穫。


FLMASKのわいせつ画像裁判といい、インターネットに関する裁判で幇助が出てくるのは2件目。急速なインターネットの発展に法整備が追いついてない現状に対し、どうにかしなきゃいけない現実を映し出してるんだろうな。

人気blogランキング



posted by まる at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人 Chips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

眠気との闘い

この仕事をしてると、納期間際になってもプログラムができあがらず、ヤバイ…と思う瞬間があります。次に待っているのが徹夜です。
徹夜をすると次の日が眠くてたまりません。
一徹ぐらいなら気合で乗り切れますが、三徹、四徹となると、精神論は通用しません。テクニカルに睡魔を克服する必要があります。
偉大なる先人たちの生み出した睡魔との闘い方を参考にしましょう。

■薬物に頼る

コーヒー、お茶などのカフェイン飲料に始まり、エスタロンモカなどのカフェイン剤、栄養ドリンクなどの薬物に頼る方法です。
眠気と闘う手法としては一般的です。
筆者は午後2-4時の眠い時間対策としてダージリン紅茶を愛飲しています。

ちなみに、日本食品標準成分表によると、抽出液100ccあたりのカフェインの含有量は次のとおりです。
・玉露   :160mg
・紅茶   :50mg
・コーヒー :40mg
・ほうじ茶 :20mg
・煎茶   :20mg
・番茶   :10mg
成分表によるとエスタロンモカは1錠あたり無水カフェイン100mgです。玉露恐るべし


■顔を洗う

トイレで顔を洗います。
連徹で疲れがたまってなければ、眠気のピークを顔を洗うだけで乗り切れます。
しかし、連徹中となると、一時的にはしゃんとしますが、持続時間は5分程度です。
たばこを吸わない人にとっては、席を立って気分転換するいいきっかけでもあります。
デメリットもほとんどないので、どうしても眠くてしょうがない時にどうぞ


■ガムをかむ

画面と、仕様書だけをにらめっこして動かないから眠いのです。あごを動かしていればすこしは眠気もやわらぎます。眠気対策用のガムもありますが、刺激は慣れると効果が薄いと感じています。
筆者のお気に入りはクールミントガムです。


■フリスクを使う

眠いときには刺激を!
ということでフリスクも現場ではよく見かけます。
筆者も駆け出しのころは使っていたのですが、刺激に慣れてしまい、フリスクを一箱たべても、5分しか効果がないのでやめてしまいました。


■同僚と話す

眠いなーと感じてきたら、同僚と口実を見つけて話すのもひとつの方法です。応対に神経を使うため、意識がはっきりします。
問題なのは忙しいときに同僚が相手してくれるか、無駄話に終始して単なる時間の浪費に終わらないか、といったところでしょうか。


■つねる

眠気は強いほかの刺激により一時的に忘れることができます。
一昔前の受験生みたいに、ボールペンで自分の手を刺したり、つねったりしてみましょう。 少しは眠気が飛ぶかもしれません。
フリスクやガム、顔を洗うのもそうですが、刺激によって眠気を飛ばす手法は、持続時間が短いのが特徴です。
これでどうにかなるようなら、他の手法をためす必要はないでしょう。


■メモをとる

会議中にもっとも使う手法です。
単純に話を聞いてるから眠いのであって、議事録をとるつもりでメモをとっていれば眠気を飛ばせます。
…と考えながら会議中に「落ちて」隣の人に起こされたこともあります。
なにごとも過信は禁物です


■「つぼ」を押す

あたまのてっぺんの百会(ひゃくえ)、首のつけねの風池(ふうち)、手の中指の中衝(ちゅうしょう)、足の親指の隠白(いんぱく)などが眠気にきく「つぼ」だといわれています。 筆者自身はつかいませんが、そういう手法もあるということで。


■寝る

結局のところ、上に挙げた手段はすべてごまかしの手段であり、根本的な解決にはなりません。唯一の解決策は寝ることです。といっても8時間も寝るのではなく、一日あたり3時間ぐらいの睡眠です。3時間も無理なひとは、1時間半ぐらい、2回に分けましょう。
単純に徹夜を続けると、仕事のために起きてるのではなく、寝ないために起きてるようになりがちですが、これでは本末転倒です。
明け方前後は、管理者も「落ちて」いる確率が高いので、その隙を逃さずに寝てしまいましょう。


さて、参考になったでしょうか。

人気blogランキング

posted by まる at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人 Chips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

鬼の系譜

この業界は独学で習得できる技能もたくさんありますが,基本的には会社で業務のイロハを叩き込まれます。
人買いに連れ去られて客先で一人で常駐といった環境でなければ,先輩が教えてくれます。

挨拶の仕方から,仕様書・報告書の書き方,テストやコーディング手法などいろいろなことを教育されるでしょう。
そのおかげで師匠と弟子はコードの書き方,アルゴリズムの選択基準などの傾向,思考などが一緒になります。
そばで観察していると,最初は師匠の言葉に反抗していた弟子も,時間が経つにつれ師匠と同様の思考パターンで行動するようになります。過去から連綿と受け継がれる系譜というものを実感せずにはいられません。
きみらは一子相伝の宮大工か!とツッコミたくなります。

本人の人柄にもよりますが,チェックの厳しい先輩に師事した人は厳しい先輩に,甘い(優しい)先輩に師事した人は優しい先輩になります。自分自身も指導途中という未熟な身で後輩のコードをチェックしなければならないとき,人は判断するための基準を求めます。その基準となるのが過去に先輩から受けた指導なのです。後輩の書いたソースを眺めてると自分がチェックされた場所が気になるわけですね。

厳しい先輩についたほうがSEとして実力はつくのですが,あまりに厳しい先輩につくとイジメと思うほどのつらい指導がまっています。
ソースが完成した後で最初から書き直させるとか,仕様書を紙で書かせるとか,全体スケジュールから見れば余裕のある状況下で徹夜をさせたりなど,まさに鬼の所業です。
厳しい指導に耐え切れずやめていく後輩たち。その指導の鬼気迫る様から「鬼の系譜」と名づけられました。
生き残れば実力を身につけれるが,一歩間違うと業界からの退場が待っています。
しかも生き残った先輩が後輩に同じ指導を繰り返す。まさに「鬼の系譜」です。

あなたを指導してくれた先輩はどんな先輩でしたか。

posted by まる at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人 Chips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

英語より日本語

最近,「なんじゃこりゃ」という仕様書をよく目にします。
日本語があまりもおかしいので内容を読まずに担当者に返してしまいます。
あまり読まれない仕様書だからまだ許せますが,障害報告書などの外部の目に触れる資料でこんな日本語を書かれると会社の恥です。
仕様書にも独特の書き方がありますが,たいていの場合は仕様書的な書き方ではなく日本語そのものに問題があります。
学校では文章の書き方を小学校以外ではあまり教えてくれません。自分で文章の書き方を勉強しようという奇特な人は少ないので,大半の人は文章の書き方を身に着けずに社会に出てしまいます。
あまり文章を書かない技術者といえど,ビジネス文書を書けないのは技術者として恥です。
文章の書き方については本がたくさん出版されていますので,どれか一冊くらいは読みましょう。

具体的な指摘を書き出すと本が一冊かけるぐらいありますが,気になる点を挙げておきます。
  • 接続詞,助動詞,補助動詞に漢字は使わない (「なお」を「尚」と書いたりしない)

  • 余分な修飾語は省く(「〜ということ」という表現は使わない)

  • 主語,述語の関係を明確にする(ユーザによる操作なのか,システムの動作なのか)

  • 修飾語はどの単語にかかるかを明確にする(「すべてのユーザの操作」というのは「すべてのユーザ」がする「操作」なのか,「すべて」の「ユーザの操作」なのか)

  • 書いた後に誤字,脱字のミスがないか確認する

国際化の時代に英語を勉強するのもいいですが,目の前の日本語も勉強しましょう。
え,このサイトの日本語がおかしいですか?
推敲が不十分で日本語のおかしい箇所が多々あります。
どちらかというと悪い見本なので参考にしないでください。
posted by まる at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人 Chips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

原因と対策

本サイトの更新停止のように,考えていたことを実現できない場合があります。
本サイトでも「定期更新宣言」で実施しましたが,考えていたことが実現できなかった場合は原因追求と対策が重要となります。
考えていたことが実現できなかった場合は「なぜ実現できなかったか」原因を考えてください。
そして,実現できなかったか原因に対し「どうすればよいか」対策を考えてください。
そこから対策を実行できれば同じ失敗を繰り返さずにすむはずです。

注意しなければならないのは,実現不可能な対策を考えないことです。
実現不可能な対策に意味はありません。

例えばデスマーチの最中に失敗すると
よく「時間がなかったから失敗した」と考えてしまいます。
確かに時間があれば成功するかもしれませんが,
デスマーチの最中なので時間を確保するという対策は実現できません。
本当に時間がなかったことだけが原因なのでしょうか?
事前にちょっとチェックをしておけば予防できなかったでしょうか?
単に時間がないことを言い訳とするよりは,
時間のない場合でも実現できる対策を考えたほうが
技術者としてのレベルアップにつながるのではないでしょうか。

失敗は成功の母です。失敗こそが人を育ててくれます。
今回の失敗を反省し次回に生かしましょう。
posted by まる at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人 Chips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月29日

コミュニケーションのズレはないですか

仕事の内容を相手に説明してるのに,相手が理解してくれなかったり,こちらの意図と違うことをしてたりすることはありませんか?

そんなとき,あなたはどうしてますか?
何度も繰り返し相手が理解するまで説明してもよいですが,お互いに疲れませんか?

そんなときは,仕事の内容を書きながら相手に説明してみましょう。
自分で書いてあげることで,自分の意図を紙にあらわすことができます。
相手も言葉だけではすぐにわからなくても,紙に書かれた内容を読むことで,
再度理解するチャンスを得ることができます。

ちょっと面倒ですが有効な手段です。
ただし,書き方が悪くて相手に誤解されないよう気をつけてください。
posted by まる at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人 Chips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月05日

ほうれんそう

「ほうれんそう」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

続きを読む
posted by まる at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人 Chips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。